スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あに おとうと  

未命名 仕事も一段落付いたので、自由区でのんびり狩をする。 さすがに、深夜になると人は少ないが、それでも上位サーバーには満員の場所も見受けられる。 人の多いところに入ると、ロビー装備の人もそれなりに見ることが出来る。 皆、思い入れのある格好なのだろうか。 女性キャラは、やはり可愛らしい格好のものが多い。 男性になると、ケルビフェイクや全身モスなど、どうしてもネタに走ってしまうようだ。 そんな中、1人の下位ハンターが募集した、リオレイアに参加したのが始まりだった。 HRは21、全身イーオスシリーズに斬破刀。 30人近くいる街で、1人「樹海のレイアお願いします!@3」と募集をしていた。 ランスの練習にでもと思い、私が参加しますと名乗り出た。 さすがに強力な武器で戦ってサックリ倒したのでは練習にもならないかもしれない。 黒滅龍槍はソッとしまい、雷槍【タケミカヅチ】を取り出してみる。 このランスだって、それなりに強い部類であるが、一応確認を取ってみる。 「タケミカヅチでもいいですか?」 「何でもいいです!お手伝いしていただけるなら!」 凄く気持ちのいい返事が返ってきた。 そのやり取りを見てか、2人のハンターが名乗りをあげる。 1人はHRが50近いハンマー。 もう1人が、やっとレイアにいけるぐらいのHRになった片手剣だった。 この片手剣がとんでもない伝説を残すとは、考えもしなかった。 主が貼ったクエストを3人が受注する。 パーティーチャットで受注後の挨拶が交わされる。 主「手伝ってくれて感謝です!よろしくおねがいします!」 私「(=´ー`)ノ よろしくお願いします♪」 槌「よろしくです」 片「よろ^^」 もう最後のは「よろけたんですか?」ぐらいの勢いである。 そうこう思いながらもクエストに出発。 辿り着いた先での挨拶。 私「よろしくおねがいしまっす('-'*)」 主「よろしくおねがいします」 槌「よろしくお願いします!!」 おや?片手は~と思っていると支給品を漁っていた。 そして支給ボックスを覗いてみると2マス空いてる応急薬。 私達が支給品を回収する頃「よろw」という挨拶が。 続いて「回復薬2個取っちゃったw誰かいります?」などと言う。 「誰かいります?」じゃなくて、「取ってない人渡します」が普通だろうに。 私が辞退すると、ハンマーの人も「太刀さん、私の分の応急薬も持って行っていいですよ」と優しい一言。 この片手に恐怖を覚えながらも、マジマジ見ていると、とんでもない装備。 どう見ても武器が紫電系・・・つまりキリンの武器である。 HR10代そこそこのハンターがキリンと戦えるわけがない。 それにセカンドキャラであるにしても、言動行動が危なすぎる。 かつ、ロビー装備状態で隠す必要も無いはずなのだが、防具はロビーと何ら変わらない。 先に突っ込んだのはハンマーだった。 「片手さんのHRだとその武器まだ作れないはずなんですけど、もしかしてセカンドですか?」 片手が答える。 「兄貴がやってるんで、素材もらいました^^」 ふむ、それなら納得しよう。 4人で、リオレイアの初期配置エリアであるエリア1に向かう。 そこでも片手は凄かった・・・凄く酷かった。 気付いて突進してくるレイアを華麗にガードしたかと思うと大きく後ろにノックバック。 そのままガードの姿勢をキープし、振り返ったレイアの突進を背中で受け止めるという勇気ある行動にでる。 案の定吹き飛ばされる片手!そしてこのセリフ 「うはwハメwww」 それは無いwwwwww 声を大にして言いたかった。 頭に張り付きレイアをスタンさせようと頑張るハンマー。 横から足元と翼をチクチク突く私。 尻尾を切断しようと一生懸命斬り続ける太刀。 その3人を華麗に吹っ飛ばす片手!そしてこのセリフ 「ドンマイ^^」 突進したろかwwwwww 一緒に尻尾に切りかかるので、どうしても太刀と干渉する片手。 というか、尻尾を狙いながら綺麗に太刀に盾コンボを入れるあの技術は素晴らしいものである。 大乱闘モンスターハンターXとか出たら片手剣部門でTOP10には入れるんじゃないだろうか。 つーかもう、尻尾届いてませんから!! そんな片手の勇姿を見ている間に飛んでいくリオレイア。 私とハンマーと太刀は、レイアを追ってエリア4へ。 片手もレイアを追ってエリア3へ。 残念ながら、エリア3に立ち寄ることなくエリア4に先に到着しているリオレイア。 片手が叫ぶ 「レイア跡形もねぇw」 「砕け散りでもしましたか!?」と返事を返した瞬間に頭の中で考えて吹いた。 単位で言うと1ブーッである。 間違いなく「すがたかたちもない」が正解だと思うのだが・・・。 そんな片手を完全スルーで戦う太刀とハンマー。 その姿勢は見習わなければ!と思いながら私も参戦するころに放つ片手のセリフはこれだ 「そっちなら教えてよ^^;」 1人別エリアに移動して、これは予想外だったが・・・。 さて、太刀の頑張りもあって、片手が到着してすぐに尻尾が吹き飛んだ。 私は尻尾に触りもしてないので、ほぼ100%太刀の頑張りだろう。 私「ナイスファイッ!」 槌「お見事!」 主「グッジョブ!」 片「切れた^^b」 もう凄いな、もうホント凄いよ、太刀の人がキレるんじゃないかと不安で仕方がないよ。 片手の頭の中では「足を攻撃すると尻尾が吹き飛ぶ」らしい。 私のような古い知識のハンターでは、到底辿り着けない領域にいらっしゃるようだ。 そんな思いをよそに、太刀よりも先にキレたのはレイアだった。 怒りの咆哮一発!!耳を塞いだのは私の隣にいる片手と若干離れている太刀。 運命の選択・・・しかし迷っている暇は無い!すぐに片手の方を向く、その瞬間 「あり」 もう何も感じない聞こえない、というかまだ突いてない。 とりあえず突いておいて、急いで太刀に向かって突進をしかける。 ハンマーはここぞとばかりに頭にスタンプを叩き込んでいるが・・・これで気絶してくれれば!! しかし考え虚しく尻尾を切った太刀に照準を合わせるリオレイア、そして突進。 太刀に襲い掛かる、それよりも先に私のランスが太刀を吹き飛ばした。 当然のように横から吹き飛ばされる私。 そして画面に出てくる驚愕の文字 【片手剣が力尽きました】 もう貴方がなんでそこにいて、なんで当たったのかは問いません。 ですが、最初に私が突いた位置から動かなければ当たる要素は無かったのは覚えています。 そして倒れた片手が呪文のように唱えたセリフは「さいやくや、まじさいやく」。 せめて漢字変換!!そして「災厄」なら分かるが「最悪」なら「さいあく」って読むんですよ!! 私「気にせず~」 槌「ドンマイ!」 主「ドンマイ!」 片「ごめ;;フインキ悪くして」 「フンイキ」ですよ「フンイキ」!! 「ふいんき」で変換して「雰囲気」って出るのかと!! そして死んだ理由が「応急薬切れてて」は無いだろう、人の分まで取っておいて。 このままBC警備員になるのかと思いきや、しっかりと戦場に戻ってくる片手。 危なっかしい動きながらも、すでにレイアが弱っていたのですぐに討伐完了。 「棘やっと出ました!」と喜ぶ太刀を祝福する裏で「全部鱗とかw」はクリアの文字と一緒に闇に消えました。 街に戻った後、挨拶も無く落ちる片手。 死んだ回数が1回ではあるが、ショックでも受けたのだろうか。 太刀は、あと1つ棘が必要らしく、まだ下位レイアを募集していた。 いろいろあったが、いい狩ではあったなぁと、もう一度参加してみる。 さっきのハンマー使いもいた。 「またよろしくです!」「また来ましたw」などという会話がパーティーチャットで飛び交う。 こういう出会いというのが、またいい。 4人目が名乗りをあげる。 全身金色に紫電改、ついさっき見た武器に変な予感がするもHRは99、完全に別人である。 主「よろしくおねがいします!」 私「(=´ー`)ノ よろしくお願いします♪」 槌「よろしくです」 片「よろ^^さっきは弟がすいませんでした」 2ブーッ!! しかし、落ち着け!!中身は「兄」である。 本人が言うんだから間違いない!そう、純粋無垢な私は騙されてあげる。 クエストに出発し、先ほどと同じようにエリア1に直行する。 さすがにHR99のお兄ちゃんである。 突進をしっかりとガードし、素敵にノックバック、そして後ろからのレイアの突進が襲う。 狩り中に滅多に口を開かなかったハンマーが、ついにその口を開く。 槌「デジャブーww」 さすがは兄!!もうここまでくると双子の域!!そしてこのセリフ 「またハメ^^;」 笑い死にさせる気かwwwwww 動きも弟そっくりだ!!吹き飛ぶ太刀の姿が、私の中枢神経にまで焼きつきそうである。 しかし、弟と違うのは圧倒的な防御力。 下位のレイア如きでは、大したダメージも受けていない。 しっかりと回復薬も持ち込んでいる上に、閃光玉や罠まで準備していた。 おかげで、さっきよりも随分速く討伐することが出来た。 太刀は、無事に棘を剥ぎ取ったようで「やったー!!そろったー!!」と大喜びしている。 「おめでとう!」「おめでとー!」「おめー」祝福の声の中、サラリと核心をつく太刀のマジックスペル。 「アイテムたくさん使ってましたけど、お兄さんに怒られません?」 あぁ、それはもう聞いてはいけないww ハンマーも「ww」としか返せないなか、片手は穏やかにこう言った。 「兄貴はバカなんで気付かないっすよ^^」 もう、コイツ本気ですげぇなと思った、そんな出来事でした。
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。