スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【カリカリピー第35回】折るか折られるか…2  

昨日の続きで今日もディアブロスとの死闘の話。まぁ、死闘と言っても狩猟そのものはこちら側の圧勝なわけで、角が折れてないから挑んでるってだけなんだけどね。勝ったけど負けてるというか、狩ったけど狩られてるというか、そんな気分にさせられてるわけなんですよ、これが。

 さて、4回目の挑戦ともなるとこっちもそれ相応の準備と気迫で挑まねばならない。初戦はほとんど頭部を狙っていなかったのが理由、2回目、3回目はアイテムを使わずに普通に挑んだので、頭部以外の部位に当たっていたのが失敗の原因だろう。じゃあ成功させる為にはどうすべきか?そんなの簡単な話で最初から頭部のみ狙っていけばいいわけだ。で、そうなると動きを拘束する閃光玉と音爆弾は必須アイテムとなる。

 この閃光玉と音爆弾。1stキャラの方では有り余っているのだが、カリカリピーな2ndキャラの方ではそこまで所持数が多くない。いわば貴重品の部類に入るのである。まぁ閃光玉は行商オババの売っている素材玉と、ポッケ農場で取れる光蟲で何とかなるにしても、音爆弾はそうはいかない。爆薬は高価なシロモノだし、鳴き袋を手に入れるにはドスランポスなりイャンクックなりを倒さないといけないので、そんな簡単に手に入るアイテムではないのだ。ダイミョウザザミのクエストや、ドスガレオスのクエストの支給品で登場するので、それを持って帰っていれば在庫が増えているということもあるだろうが、ほぼストレートでここまで辿り着いた私にそんな余裕があるわけがない。まぁ、ダラダラと書いたけど要は音爆弾を使いたくないわけですよ、ケチですんません。

 というわけで、閃光玉を5個握り締めてクエストに出発。閃光玉を当てるタイミングが難しいと言われるディアブロスだが、潜って出てきたところは無防備なので結構ポンポン当てることが出来る。閃光玉を当ててピヨピヨしている最中は噛み付きか尻尾回転を時々、後はずっと威嚇状態なので運が良いとガスガスと頭部を攻撃できちゃうのだ!打撃武器の狩猟笛ならスタンも取れるし一石二鳥♪今までとは打って変わって集中攻撃が出来るため、自分でもビックリするぐらいのスピードで1本目を折ることが出来た。行ける!これなら余裕で部位破壊出来るじゃないか!気分を良くした私はソイヤソイヤと攻撃をし、タジタジのディアブロスは「こりゃたまらん」とエリア5へと移動した。

 しかし移動したと言っても私から見たらディアブロスが私から逃げてるようにしか見えなくて「待て待てーい!!」と笑顔で追撃。私がディアブロスだったら、こんなハンターが追いかけてきたら全力で逃げます。

 そしてエリア5……。閃光玉の威力は凄まじく、また同じようにディアブロスの動きを止めて頭部を叩き続ける。もう私自身は「いける!余裕!」と自信満々の構え。一方のディアブロスは「やめて!私の角のライフはもうすぐ0よ!」ってところだろう。周りから見たら何と微笑ましい光景だろうか(ぇ しかしそのやり取りを心よく思わない奴がいた。砂漠の弾丸野郎ガレオスである。こいつ何を思ったのか、ディアブロスと戯れる私の背中にいきなり突進してきたのだ。そんな死角からの攻撃避けられるわけがない。砂の大地に吹き飛ばされ、ゴロゴロ転がりながら「そろそろディアの閃光効果が切れるんじゃないか?」と思いつつカメラをディアに合わせる。するとそこには閃光効果が切れた上に、プッツンキレているディアブロスさんの姿が映った。口から黒い煙を吐きつつ、地面を掻くその勇姿はまさに砂漠の帝王そのもの。怒っている時のディアブロスの強さは半端じゃない。「うーん、もう少しで折れると思ったんだが怒りが静まるまで待つか…」

 と、思ったその矢先である。砂漠の帝王ディアブロス、大声を上げながらその場で悶えているではないか。なんだなんだ何事だ?明らかに角が折れたように見えたけど、何が起きたんだ?

 ディアブロスの正面に回ってみる。残りの角が折れていた。角の無くなったディアブロスの頭の下にオトモアイルーのクリスタルがウニャウニャ言いながら動き回っているのが見えた。これはあれだな、どう考えてもクリスタルが折ったとしか考えられないな。普段ならグッジョブ!よくやった!!なのだろうが、このときの複雑な心境って言ったらそれはもう筆舌に尽くしがたいものがある。だってあと一撃で折れるっていうギリギリまで減らしたのは間違いなく私であって、ガレオスがちょっかいを入れてこなければ、私のボーンホルン改による一撃がディアブロスの角をへし折る瞬間を目の前で確認取れたはずなのである。しかし今の私はガレオスに飛ばされたおかげで、ディアブロスの斜め後ろから「あ、なんか悶えてる」って思っただけ。どうしよう!これは成功なのか、失敗なのか…。

 少し悩んだ結果、一応成功ということにしておいた。だってオトモアイルーだって頑張ったんですよ!私1人で戦ってたわけじゃない。アイツがいたから今まで何とかなったことだってある。そう、1人と1匹で一緒に戦って行こうってあの夕日に誓ったじゃないか!…誓ったっけ?まぁ無事に部位破壊は出来たし、そのままディアブロスを倒すことにも成功。1人と1匹は意気揚々と帰ってきて、ねじれた角をアイテムボックスに大切に入れたわけであります。

 2回に渡って書いたディアブロスとの死闘…もといディアブロスの角との死闘も終り♪これでやっと次のクエストに進めます。さぁ、次のクエストは何かなー。




  
 【黒き角竜の猛攻】





 こんなの昨日は無かったぞorz 今度はディアブロス亜種、通称黒ディアの角と格闘しなければならないようだ。
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08« 2017/09 »10

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。