スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新型うつ病」大流行の裏側・・・どう見ても社会をなめてるようにしか見えませんが?  

8月10日12時15分配信 J-CASTニュース


 「新型うつ病」なるものが蔓延しているのだという。クリニックの予約を取ろうとしても患者が多すぎ、新患は3ヶ月も待たされる場合もあるそうだ。仕事中にだけうつになり、会社の外では元気、というのが特徴で、若い世代に目立つというこの「新型うつ病」、なぜ増えているのだろうか。

■自分を責めるのではなく、身近な人間を攻撃

 精神科医の香山リカさんは、著書「うつ病が日本を滅ぼす!? 」(2008年5月20日刊)にこんなことを書いている。

  「本当にこれが『うつ病?』と自分で書いたはずの診断書を改めて見返してしまう」

 これまでの「うつ病」といえば、几帳面でまじめな人がかかりやすく、落ち込み、自分を責め、自殺に至るケースが多いというイメージだった。しかし、07年から急激に増えだしたとされる「新型うつ病」は、仕事中だけうつで、帰宅後や休日は普段通り活発に活動する。自分を責めるのではなく、身近な人間や社会に対して攻撃的な態度になり、休職したとしても会社や同僚かける迷惑などあまり感じない、というのが典型らしい。

 朝日新聞の08年5月17日付けには、精神科クリニックが患者でパンク状態になっているのは「新型うつ病」患者が急増したからではないか、と書かれている。「新型」は20~30代に目立ち、都内のあるクリニックでは患者の4割前後を占めるのだという。

 厚生労働省の調べによると、うつ病、躁うつ病の患者総数は99年の44万1千人に対し05年は2倍の92万4千人に増加。製薬会社ファイザーが12歳以上の一般生活者4,000人を対象に、07年2月7日から07年2月16日にかけて行ったインターネット調査では、「一般生活者の12%、約8人に1人がうつ病・うつ状態の可能性」があるという結果が出ている。

■昔から別の病名として扱われていた?

 こうした状況を、一体どう考えたら良いのか。「うつ病の真実」「専門医が教えるうつ病」などの著書がある防衛医科大学校病院副院長で、「日本うつ病学会」理事長の野村総一郎さんに聞いた。それによると、うつ病は症状や病気になる過程によって「メランコリー型うつ病」「双極性障害」「気分変調症」「非定型うつ病」の大きく4つに分類され、「新型」と呼ばれているのが「気分変調症」「非定型うつ病」に当たるのだという。そして、実はこうなんだそうだ。

  「新型と呼ばれているようですが、それは、うつ病という診断はしてこなかっただけで、昔から別の病名として扱われていたんです。患者数は増えてはいますが、実態としてはここ数年で急に増えた、ということでもないんです」

 うつ病と診断する基準は各国まちまちで、現在は米国精神医学会の診断マニュアル「DSM」を参考にするのが世界の趨勢なのだという。各国の医療関係者がこれを参考にし始めたのは、80年に画期的な変貌を遂げた第三版から。94年改定の第四版もほぼ同じ内容になっている。日本では「DSM」を参考にする医師は少なく、「新型」と呼ばれる症状については、パーソナリティー障害、抑うつ神経症などと診断していたのだそうだ。

 それが数年前からようやく日本でも「DSM」を参考にする医師が増え、患者に伝わることによって、いきなり「新型」が大流行しているかのような錯覚をする人が増えたのではないか、と、野村さんは見ている。さらに、「DSM」は2011年に改定され第五版が出るが、「新型」と呼ばれているものが、うつ病として分類されるかのかもわからないのだという。

**********************************************

もうね、アホかと。

仕事中だけうつで、帰宅後や休日は普段通り活発に活動する。自分を責めるのではなく、身近な人間や社会に対して攻撃的な態度になり、休職したとしても会社や同僚かける迷惑などあまり感じない

都合が良いにもほどがあるでしょう。
仕事中だけうつ・・・仕事が終るとヒャッホイ言いながら遊び歩いたりしてるんですか?
そのうつで自己嫌悪になったりするのではなく、周りに対して攻撃的になるなんて話にもなりません。
で、休みを取っても
「別にうつで休んだだけだし、サボりじゃないし」
とか思って何にも感じていないのでしょうね。

嫌なことから逃げすぎてるんじゃないでしょうか。
マラソン大会が嫌だから都合よく風邪引いたとか、そんなレベルの話じゃないですかね。
常にうつ病というわけではなく仕事中だけというのもまたなんとも・・・。
こんなの真面目に相談する人がいるというのも考え物ですが、どんな会話してるんでしょうね。

「仕事中だけやる気が起きないんです。仕事が終ったらいつもどおりなんですけど」

「別に落ち込んだりとかはないですね。なんかイライラして周りの人に当たっちゃうんですよ」

「いや、ボクは病気で休んでるんですから迷惑とか考えないですよ。休んで当たり前じゃないですか?」

こんな感じですかね。

子供の頃から楽しいことだけやってきた。
学生時代もやりたいことをやってきた。
自分で自由に使うお金が欲しいから働く、仕事は何でも良い。

常に自分流でいた人が、急に社会のルールに縛られるとこんなことになったりするんでしょうか。

「働くのめんどいな・・・帰ってゲームしてぇ」
「仕事とかマジダリィ・・・適当にやっとこう」
「毎日毎日同じことばっかり・・・面白くもなんともない」

なんてことも思ってるのかもしれませんね。

記事では20代~30代に患者が多いと書いてあります。
もちろん真剣に悩んでいる人もいるのでしょうが、大体は自分を甘やかしているのではないでしょうか。
新型だろうが昔からあったのであろうが、なる人とならない人がいるのもまた事実。
どういう人がなるのか、どういう人ならならないのかが分かった方が、治療に結びつくように感じます。

というか、この新型うつ病に関わってる周りの人の方がうつになりますよね、普通。



大人になって働くというのは、一般の人間なら当然のことです。
社会に出るというのは学校生活の延長上ではありません。
ふざけた口の聞き方をする新入社員とか当たり前にいたりするのに驚きです。
(この間、取引先の会社の喫煙所で新入社員に
 「タバコ持ってないすか?」とか言われた時は
 イラっときて説教くれてやりました。つーかおめぇ誰だよ!)

社会なめてんじゃねぇぞヒヨッコども。
生きていくってのは大変なんだぞコラ。
20代30代でうつ病とかなってたら、残りの人生何の病気やるつもりだ?
男なら、結婚して子供が出来たら自分の家族を養ってかなきゃいかんのだ。
病気してる余裕なんかねぇぞ?
おじさんなんか早い内に父親亡くしてっから、母と妹と猫1匹の面倒を18の頃からずーっとみてんだぞ。
おまけに父親が保証人になってたおかげで目ん玉飛び出るぐらいの大借金まで転がり込んでくる始末だ。
お前らみたいにうつ病になってるような暇なんかねぇんだよ!

モンハンはするけどね!!

今の社会に必要なのは、きちんと『喝』を入れることが出来る大人なのかもしれません。
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。