スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<堀川町原爆慰霊碑>壊される…58年建立 広島 ・・・ 泣いた  

広島市中区にある「堀川町原爆慰霊碑」が倒され、住民らが憤っている。原爆で犠牲になった住民185人の遺族らの寄付で、58年2月に建立。高さ約15センチの石製の台座に高さ約50センチの石碑が乗り、上に高さ約1メートルの人の像が立っている。堀川町本通り会の生長俊幸会長(57)は、「大人4人がかりでやっと持ち上げられる重さ。誰かが倒したとしか考えられない」と衝撃を受けていた。

 会員が25日、倒された碑を持ち上げたが、石碑の一部が縦約15センチ横約10センチにわたり欠けていた。広島東署によると、同日午前1時ごろに「石碑が通路に倒れており、通行できない」という110番通報があり、その前に倒されたとみている。【寺岡俊】

**********************************************

この記事を見たとき涙が流れました。
どうしてこういうことが出来るのだろう・・・。
怒りよりも先に悲しみという感情が自然と出ました。

以前書きましたが、私は被爆二世です。
去年、日米共同機関放射線影響研究会が被爆二世には遺伝影響は無いと発表しましたが、
それでも念の為に検診は受けていますし、正直怖いところもあります。
戦争を知らない私でさえ、これほど影響を受けているのです。
戦時中を生きた人は、多くの傷を身体にも心にも持っているに違いありません。

犠牲になった住民185人の遺族らの寄付により建てられた慰霊碑。
亡くなった人を慰め、二度とこのようなことが起きないようにと願い建てられた慰霊碑です。
決してただの石の塊ではないのです。

今の日本、当たり前の善悪が分からない人間が増えすぎている気がします。
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。