スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【カリカリピー第29回】激戦!轟竜ティガレックス!……後編  

長くなったもので轟竜ティガレックス戦も3回目。自分でもここまで長くなったことに驚いております。まぁグダグダ書きすぎなだけなんですが、早く終らせて次の記事書きたいよー。  エリア6に飛んでいったティガレックス。エリア8で砥石を使ったり旋律をかけなおしたりして準備を整え突撃すると、奴は私の存在を無視するかのようにガウガウ唸っていた。「しめしめ、今のうちにシビレ罠でも仕掛けてやろう」そう思った私はポーチからシビレ罠を取り出してそこに設置。ちょうど置いたぐらいの所でオトモアイルーのクリスタルがティガレックスに向かって特攻をはじめ、良い感じでこっちを向かせてくれた。さすがは初代オトモアイルー!よーしそのままこっちに走って来いティガレックス!願いが通じたのか奴は白い毛をワッサワッサ震わせながらこちらに突っ込んできた。    「お前じゃねぇよブランゴ!」  しかし猿に話が通じるわけがない。私の設置したシビレ罠の上で「俺は引っかかりませんよー」とでも言いたげにピョンコピョンコ跳ね回っている。はっきり言って邪魔でしかない。ティガレックスとクリスタルが戯れている間に、コイツを叩き潰してやろう!そう考えてブランゴに攻撃を繰り出すもぴょんこぴょんこ跳ねやがって攻撃が当たらない。少し前に書いたイーオスの記事を思い出した。良く考えたらこいつも華麗なバックステップをしてくれやがるのだった。うーん、もっとこうファンゴぐらい正直なモンスターいないのか!  そんな感じでブランゴと戦っていると、いきなり私の背中に何かがぶつかってきた。途端に丸々太った雪だるまが画面に映し出される。!!!???驚いて後ろを振り返ってみるとクリスタルと遊んでいたはずのティガレックスが完全にこっちを向いているではないか。  「やややや、やばやばいよ!」  ブランゴと遊ぶのに一生懸命だったせいでティガレックスを見ていなかった私がいけないのだが、突進や飛び掛りならまだしも雪だるま状態にされるのは予想外である。こうなったらクリスタルに攻撃してもらって雪を割ってもらうしかあの子潜っていらっしゃるー!!もうだめだ!こうなったら頼れるのはただ一人、いや一匹!    「ブランゴ様!割ってくだせぇ!!」    だがさすがはブランゴ!期待を裏切るのは大得意である。ブランゴの周りをウロウロしても一向に攻撃してくれる気配はない。その間にもティガレックスは私に照準を合わせ突進。そして仕掛けたシビレ罠でウオンウオン唸っているではないか。「今がチャンス!今がチャンスなんだー!ブランゴォォオオ!!!」  ブランゴ「だが断る!」  チクショー!!今がチャンスなのに!!叫びながらウロウロしていると、時間経過により突然割れる私の雪だるま。そして余裕のガッツポーズ。そこに来るブランゴの一撃。遅いんだよ!ティガレックスのシビレ罠もちょうど終り、今までのことは無かったことにしようという私のオーラを感じたのか、距離を取ってくれる……かと思えばその場を飛び立ち、エリア8に移動した。私エリア6に何しにきたんだ。  エリア8には雑魚モンスターもおらず自由に戦える。最初と同じように閃光玉を使い攻撃していると2回目のスタンに突入。どこからともなく復活したクリスタルも攻撃に参加しているではないか。スタンから立ち直り怒ったティガレックスに対してもまだまだ閃光玉。というか今の私にはこれが精一杯なのだよ!一人と一匹でガスガス攻撃を加えていると、なんとティガレックスの頭の上からポワポワと紫色の泡が吹き出してきたではないか。  「すげー!クリスタルの攻撃で毒になった!!」  対クシャル用に持たせた毒のオトモスキルがこんなところで炸裂するなんて誰が思っただろう。やっぱりお前を連れてきて正解だったよ!!毒がジワジワ効いたのか、エリア8からエリア3に移動するティガレックス。エリア3はモンスターが身体を休めるところであり、あそこに移動したということは大体は弱ってるということである。あと少しじゃい!!  エリア3に辿り着くと、グッスリお休み中のティガレックスと周りを飛び跳ねるギアノスの群れがいた。しめしめ、今のうちに落とし穴をしかけよう。ギアノスが攻撃してこないように願いながら、ガサゴソと落とし穴を設置し……  「っだーもう!攻撃してくんじゃねぇ!!」  全く持って空気の読めないギアノスの一撃により、ムリヤリ起こされた轟竜ティガレックス。しかしちょうど設置された落とし穴が運良く発動し、その巨体を地面にめりこませる。全くの偶然なのに「け、計画通り!」なんてことを思いながら殴りかかろうとすると、またしても空気の読めないギアノスが私に蹴りを入れてくるではないか。さすがに今のは頭に来た。落とし穴でもがくティガレックスをほったらかして、周りのギアノスを物凄い勢いで蹴散らしてやったんだぜ!  落とし穴から抜け出したティガレックスを鬼の形相で睨み返すと、掛け声勇ましくその頭部に狩猟笛を叩きつける。  【メインターゲットを達成しました】  よっしゃー!こら!あと一撃だったのかぃwww戦闘時間は約15分。波乱に満ちた狩猟笛での初ティガレックス討伐は、何とか成功に終った。思えば最初にボッコボコにされてから、ここまで辿り着くのに随分時間がかかったなぁ。思えばいろんなことがあった……うんうん。  っと、これで終わりみたいになってしまったけど、これはまだ通過点に過ぎないのだ。次からは村クエスト☆5、まだまだ狩猟笛の旅は終わりそうにないなぁ。 
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。