スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【カリカリピー第27回】激戦!轟竜ティガレックス!……の準備  

のどち・・・じゃない、ボーンホルン改が完成した今、戦うべき敵はアイツしかいない。狩猟笛を担いで始めて出会ったあの日、私に苦渋を飲ませた憎きモンスター轟竜ティガレックス。奴からしたらハンターとオトモアイルーが挑んできたというよりも、アリンコがちょっかいを出してきた程度にしか感じなかっただろう。しかし今の私は違う。あの頃よりも強い武器、あの頃よりも頑丈な防具、あの頃とは違う私がここにいる。超えねばならぬあの壁を、超えられなかったあの壁を……ついに越える日が来たのだ!  さて、今回ティガレックスに挑むに当たって準備すべきものがたくさんある。回復薬や砥石はもちろんとして、閃光玉は必須であろう。あの触れるもの全てを砕くような動きを止めるにはこのアイテムしかない。私は余計なことは一切考えず閃光玉5個をアイテムボックスから出すとポーチの底に入れた。次に罠、これも忘れてはいけない。こちらの攻撃チャンスを増やすためにも罠で相手を拘束することは大切である。雪山での戦闘になるので、まずはシビレ罠。そして弱ってエリア3に移動したら落とし穴を仕掛けて一気にダメージを与えよう…そんなことをニヤニヤと考えながら二つの罠をポーチにしまった。おっと、忘れちゃいけないのが怪力の種と忍耐の種。一定時間ステータスを上昇してくれるこのお手軽アイテムは使うと使わないとでは微妙な差が生じてくる。この微妙な差が勝敗を分ける時だってあるのだ。私は二つの種を真空パックに詰めると、ポーチの外ポケットにそっと忍ばせた。おお、そうだそうだ秘薬と栄養剤グレートを持っていかないと…。やっぱり戦うには体力上限150にはしておきたい。猫メシでマックスまで上げられない今はこの二つのアイテムは非常に心強い。パンパンに膨れ上がったポーチにこのアイテムも入れておく。  そう、そして最後に忘れちゃならないのがオトモアイルーの「クリスタル」。あの日あの時、こいつがいたからティガレックスに一矢報いてやろうと思ったのだ。クリスタルのオトモLVも10まで上がった。ティガレックスが今のクリスタルを見たら腰を抜かすに違いない。抜かせ抜かせ!その間に叩いてくれるわっ!  そんなわけで内心ビクビクしながらも両手両足を高く振り上げ雪山のベースキャンプに到着した。支給品は忘れずに持って行こう。地図に応急薬、携帯砥石に…お!携帯シビレ罠があるじゃないか♪うんうん、これで罠が3つになったぞ!ガンナーのアイテムはいらないしホットドリンクは持っているからいいとして、これで最後の準備が整った。さぁ、後はティガレックスを倒すだけだ!奴のいるエリア8まで急ごう。意を決して走り出し、BCからエリア1へ、そしてエリア4に続く入り口でアイテム欄からホットドリンクを選んで……ホットドリンクを……ホット……。  踵を返してBCに向かいながら、私は思った。  「ダメかもしれない……」  長くなったので続きはまた明日。
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。