スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【カリカリピー第21回】狩猟笛VSクシャルダオラ  

未命名 狩猟笛VSクシャルダオラ。この一戦は狩猟笛で村クエストをクリアするというとんでもない目標を立てた私から見て『本当にそんなことが出来るかどうかを見極める一戦』であったように思う。ちまちまとプレイしている身分ではあるが、カリカリピー日記を始めようと狩猟笛を担いだその時より随分と立ち回りが上手くなってきたように感じる。フルフルを倒し、ガノトトスを倒し、次々とクエストをクリアしていく中、いつしか私の次の目標はクシャルダオラを撃退ではなく一戦で討伐するというとんでもないものになっていた。(イベント以外の古龍戦は、体力をある程度削った状態で25分以上経つと撃退扱いになり、次に挑むときは体力が減った状態から挑むことが出来る)  風翔龍クシャルダオラ……風翔龍の名のとおり強力な風を身体に纏い、近づくハンター全てを吹き飛ばすその存在は初めて対峙するものを怯えさせ絶望を感じさせるには十分な存在である。これまで挑んできた相手とは一線どころか二線ぐらい違う存在であり、多くのハンターが「こんな奴に勝てるのか?」と己の存在の小ささを思い知らされる。私も始めてコイツと出会った時、1回目2回目の撃退は上手く行ったが討伐となると話は別で、ちょっと本気になったクシャルダオラにフルボッコにされたものである。それでも戦う回数を重ねるごとに少しずつ動きが分かり始め、有効なアイテムや武器を揃えられるぐらいになると、さすがのクシャルダオラも美味しいカモ一歩手前ぐらいに感じ始めていた。  しかし今回の私は違う。狩猟笛でクシャルダオラに挑んだことはあるが、その時は頼れる仲間が側にいた。身に纏っている防具も、岩をも砕かん一撃に耐えられるような頑丈な防具とは言えない。背中に背負ったボーンホルンで、本当にこいつに勝てるのだろうか。なんだか妙なプレッシャーに包まれてしまい、クエストに出発する前からPSPを持つ手に汗が浮かぶ。とりあえず準備だけはしっかりしよう。有効なアイテムといえば閃光玉と爆雷針ぐらいしか思い浮かばないが、それでも無いよりは随分マシになる。閃光玉は素材玉と光蟲、爆雷針はハレツアロワナと雷光虫で調合できる。雷光虫が8匹しかいなかったので、爆雷針を最大所持数まで作ることが出来なかったが、閃光玉は持ち込み、現地調合分もしっかり準備した。攻撃力の低さをカバーする怪力の種と鬼人薬を持ち、少しでもダメージを与えようと試みる。オトモアイルーのクリスタルには毒の状態異常攻撃を覚えさせてある。さぁ準備は整った、雪山に出発だ!  クシャルダオラに挑むとき、支給品ボックスで絶対に忘れてはいけないアイテムがある。それは『毒投げナイフ』というクエスト中しか使えないアイテム。これがクエストクリアのキーになると言っても過言ではない。クシャルダオラは毒状態になると風鎧を纏うことが出来なくなるため、このときが序盤最大の攻撃チャンスなのだ。しっかりとポーチにしまったら、クシャルダオラのいるエリア8に向かう。手前のエリア7でこれでもかと笛を吹き鳴らし、自分のステータスをアップさせる。エリア8に突撃し、狩猟笛を担いだ私を見て吼えあがるクシャルダオラを見て、私の中の狩魂が揺さぶられる。手に浮かんだ汗をズボンで拭い、勢いに飲まれまいとクシャルダオラに突貫する。未知なる世界に足を踏み入れたときの、この何とも言えない心から湧き出る感覚。久しぶりに湧き出るこの感情にテンションが上がらずにはいられない。クシャルダオラの眼前目掛けて閃光玉を投げつけ、すぐさま毒投げナイフを3発投げて毒状態にする。試行錯誤していたあの頃とは違う。私はこんなところでつまずいている場合ではないのだ!閃光玉の効果が切れないうちに、クシャルダオラの頭を目掛けて狩猟笛を振り回す。一番効果のある頭を狙い、ダウンを奪っていかないと25分以内での討伐は危うい。一回目のダウンを奪っても、まだまだ狩猟笛のぶん回しは止まらない。しかし倒れてもがき頭を激しく動かすクシャルダオラに、攻撃を上手く当てることが出来ない。ハンマーと同じようにやっていたのだが、どうにもこうにも1、2発ぐらいしかヒットしないのだ。これは狩猟笛の打点が高すぎるために起きる現象で、ただポンポン狩猟笛を振るのではなく、クシャルダオラの頭の動きに合わせて狩猟笛を振っていく必要があった。手数こそ落ちてしまうが攻撃が当たらないよりは随分いい。そのまま殴っていると、クシャルダオラが再度倒れた。どうやらスタン状態になったようである。こうなるとしっかり攻撃したほうがいいので、首の方に立ち、腹と頭を攻撃するような形で狩猟笛を振り回す。翼の破壊はまた今度……とりあえず、このときの私は全力投球中なのだ。  スタンが終り、立ち上がったクシャルダオラは、冷静に一度身体を動かすと立ち上がって咆哮をあげた。どうしようもなくその場でしゃがむ私とクリスタル。その敵に対してクシャルダオラは容赦なくブレスを吐きかけてきた。避けられるはずも無く、まともに入ったその一撃で150あった体力が物凄い勢いで減っていき、全体の3分の1以上が持っていかれてしまった。それなりに強化をしたはずなのだが、やはりクシャルダオラの前では「鎧」とは言いがたい防具であったか…。体力マックスの状態で2発耐えられるのが関の山である。すぐに回復薬を飲みたいのだが、残念なことに雪山でブレスに当たると雪だるま状態になってしまう。こうなると解氷剤を飲むか、走って逃げ回るしか方法がない。オトモアイルーに割ってもらうという方法もあるのだが、肝心のクリスタルはといえば雪の下に潜ってしまいオヤスミグンナイ態勢なもんだから、頼れる余裕も無い。解氷剤を飲もうと探している間に、飛び上がったクシャルダオラがおいしそうな雪だるま目掛けて滑空してきた。「やややややばいやばい!死ぬ死ぬ!!」いつものクセで反応していると……コロリン♪……………。まん丸な雪だるまは器用に前転をすると、何事も無かったように雪の上を走り回っていた。「あ、あれ?あれーーーーーー!?」  そう、すっかり忘れていたのだが、MHP2シリーズでは雪だるま状態でも前転が出来るのだった。そうでしたそうでした。MHFじゃ出来ないからすっかり頭の中から消え去ってました。しかしそんな発見をしたところで窮地であることには変わりない。解氷剤を飲むチャンスをうかがっていると、なんと身体についていた雪が割れ「オレ誕生!」とでも言いたげなガッツポーズを取っている。そんな隙だらけの私をクシャルダオラが見逃す分けが無い。「いらっしゃいませこんにちは!」とまたしてもブレスが私を包み込み、あっという間に雪だるま状態に戻ってしまった。そして残りの体力はわずか数センチ。クシャルダオラにかすっただけで死んでしまうような体力である。現在の立ち位置はエリア8のど真ん中。隣のエリアに走って逃げるには遠すぎる。もうどうしようもねぇっ!そんな私を救ってくれたのが、オトモアイルーのクリスタルであった。  いつの間にか復活したクリスタルは私に一撃入れ雪だるまから解放すると、そのままクシャルダオラに向かって走っていく。なんと勇敢な姿だろうか!感動して涙が出そうになる。フリーになった私もチマチマ回復していたのでは間に合わない。秘薬をグイっと飲み干すと、クリスタルを援護するように閃光玉を投げてクシャルダオラを叩き落す。一人と一匹で攻めていき、さっきとは逆の一方的に攻める展開になってきた。このまま攻めていけば余裕で勝てるんじゃないか?そんな私の考えも虚しく、今一度と咆哮を上げたクシャルダオラから爆風が放たれる。毒状態が切れて風鎧が復活してしまったのだ。クシャルダオラに近づくことすら出来ず、すぐ側を走り抜けるだけでも風圧で身体の自由を奪われる。こうなると厄介なことこの上ないが、少しでも風圧を抑えるには閃光玉を投げるしかない。その間に頭を攻撃し続け、体力を60%以下に削って頭部を破壊すれば、風鎧を永久解除することが出来る。ピヨピヨと星を回すクシャルダオラを攻撃していると、ふとクリスタルの攻撃でしょっちゅう毒エフェクトが出ているのが目に入った。もしやと思い、手元に残った毒投げナイフを投げつけてみると、なんとクシャルダオラを2回目の毒状態にすることが出来た。これは完全なるチャンスである!  エリア移動した後も攻撃を続けていくと、開始10分過ぎたぐらいで頭部を破壊することに成功した。こうなると風翔龍の名も形無しで、常時攻撃することが可能になる。飛び上がったクシャルダオラには爆雷針で対応し、爆雷針が無くなったら閃光玉で叩き落して頭部を攻撃していく。いける!倒せる!と自分に言い聞かせながら立ち回っていくが、それでも体力の多さはかなりのもので、20分を過ぎても一向に弱った気配を見せてくれない。持って行った閃光玉もいつの間にか無くなってしまい「飛ぶな、飛ぶな!」と祈りながら攻撃していくと……キター!!!クエストクリアの文字!!時間にして22分17秒。アイテムを使用したとはいえ、クシャルダオラを討伐することに成功した。これは狩猟笛だってやれば出来るということを改めて実感して一戦であり、出来ないことは何も無いと再認識した一戦でもあった。まぁ、オトモアイルーに手伝ってもらった感がすごくあるのだが、それでも狩猟笛でクリアできたということは、これから先カリカリピー日記を続けるにおいて自分の背中を後押しできる重要な出来事である。まだまだ私の狩猟笛の物語は終わりそうにないなぁ。
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。