スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<自殺>ブログに「死ね」…高1、遺書に「書き込みされた」・・・書き込みをした人は今頃何を思うのか  

北九州市小倉北区片野新町1の美萩野女子高校(大久保元晴校長、生徒数736人)に通う同市在住の1年の女子生徒(16)が、自らのブログに「死ね」と書き込まれたのを苦に自殺したことが分かった。同校は31日午前、保護者集会を開き、経過を報告した。  同校によると、29日朝、家族から「(女子生徒が)自宅で首をつって自殺した」との連絡があった。28日夜から29日未明の間に自殺したとみられる。家族にあてた遺書には「自分のブログに『死ね』と書き込みされていた」と書かれていたという。  また、毎日新聞の取材に同校関係者が「26日から27日にかけて、この女子生徒を中傷する書き込みがされたようだ」と話した。  同校は30日に全校集会を開き、生徒たちに事件を報告、31日には保護者集会を開いた。この時の説明では、一緒に登下校している友人らが数日前から女子生徒の様子がおかしかったと話していたという。  29日以降、教職員がこの女子生徒へのいじめや、いわゆる「学校裏サイト」への書き込みがあったか調査していた。動揺している生徒には、臨床心理士による相談に応じるなどの対応を取った。  大久保校長は毎日新聞の取材に対し「(女子生徒が)自殺したのは本当に残念だ」と語った。 ********************************************** 同じブロガーとして、こういうことが起きるのは何とも悲しい。 なぜこんなことが起きてしまったのだろう。 最近は芸能人の多くが公にブログを書き、ブログそのものが美化されている気がする。 簡単に始めることが出来るし、多くの人がブログというものを持っているだろう。 しかし、本来インターネットは怖い環境なのである。 簡単に個人情報が抜き取られたり、匿名を生かしての誹謗中傷なんていうのは前々からある。 実際、私のブログにもそういう類の人は存在している。 こういう書き込みは相手にしないのが一番いいのだが、この子はそれが出来なかったのだろう。 どんな気持ちでブログを書き始めたのだろうか、どんなブログだったのだろうか。 ブログに記事を書き込むことが、日々の楽しみだったのかもしれない。 そんなブログに、一言「死ね」と書き込みをされて、この子は自分の人生を終らせてしまった。 この一言が、よほどショックだったに違いない。 書き込みをした人は、今どういう気分なんだろうか。 どういう気持ちで、「死ね」という書き込みをしたのだろうか。 本当に、心の底から死を望んでいたのだろうか。 昔からインターネットをしている人や、ネット耐性のある人から見れば 「そんなのスルーすればいいのに」 なんて思うかもしれない。 こういう書き込みがあるとスルーするのが常識であるなら、それは間違いではないだろう。 何が起きるか分からないネットの中では、誹謗中傷はごく当たり前なのかもしれない。 某巨大掲示板をチラっと覗けば、こんな言葉は当たり前のように使われていたりする。 だが、匿名性があり自由に書き込めるのだから何を書いても良いというわけではない。 やはりわきまえるべきところはわきまえるべきであろう。 高校一年生という多感な年頃。 まだまだ子供だし、精神的に若い年齢である。 そんな子が、顔も名前も分からない人間から「死ね」と言い放たれるのである。 本当にショックだったに違いない。 しかし、それを死に直結してしまったことが「精神的に若いから」で済まされることではない。 その一言だけで死を選んだとは思えないが、これが自殺への引き金になったことは確実である。 軽い気持ちで書いたことが、人を傷つけることだってある。 書き込みをした人は、一生この事を背負って生きていくのだろう。 警察が動き出せば、書き込みをした人が特定される日が必ず来る。 自分のしたことの恐ろしさを思い知り、人を傷つけない人間になって欲しいと思う。 同じような第ニ第三の事件が起きないように願う。 亡くなった方のご冥福を心からお祈りいたします。
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。