スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MHFコミュニケーション  

未命名 左下のチャット部分が欲しかったんです ホントだよヽ(‘ ∇‘ )ノ モンスターハンターフロンティアで出来るコミュニケーションはいくつかありますね。 きっと一番多いのがタイピングチャットでのコミュニケーション。 キーボード一つで出来ますし、標準機能ですから使用している人が最も多いでしょう。 次にボイスチャットによるコミュニケーション。 これは別にヘッドセットを用意したり、スカイプ等のソフトの導入が必要になりますね。 準備が面倒ですし、自分の声が相手に聞こえるというので恥ずかしさもあるかもしれません。 それでも狩り中に会話が出来るって、本当に楽だったりします(*´ェ`*) 最後が定型文だけのコミュニケーション。 滅多にいないとは思いますが、私の部屋で小雪さんがINするとこうなります。 さて、今回は最も多いであろうタイピングチャットのお話。 MHF内で会話をしていると、周りから結構な頻度で「タイピング速度が速い」と言われます。 たしかに、私は速い方でしょうし、タイピングで困るようなことは今のところ全くないです。 でも、タイピング速度が遅い人や、タイピングそのものが苦手な人には大変なのかもしれません。 せっかく会話に参加しようとタイピングしても、打ち終わる頃には会話が終っている。 戦闘中にタイピングをすれば、死が待っている。 一生懸命タイピングして、ハッと画面を見ると誤字脱字でとんでもない文章が完成している。 などなど・・・。 うーん、こうして考えてみると本当に大変そうだなぁ。 タイピング速度を上げるにはどうすればいいのでしょうか? やっぱり練習が大切なのですが、一番良いのはキーボードを見ないで打てるようになることでしょうか。 いわゆる、ブラインドタッチ、タッチタイピングが出来るようになることです。 「チラッ」とも見ません。 全く見ないのです。 これが出来るようになるだけで、かなり世界が広がってきます。 私の場合ですが、ローマ字入力のブラインドタッチが出来るようになるまで十日ほどかかりました。 元々かな入力だったので、完全にゼロからのスタートです。 ホームポジション(左手の小指から右へasdf、右手の人差し指から右へjkl;)に手を置いて延々と打ちます。 これがまたいろんなパターンがあって、ffffjjjjddddkkkkssssllllaaaa;;;;と交互に4回ずつ打ったり fjdksla;fjdksla;fjdksla;fjdksla;などと連続で打ったり・・・とりあえず指を慣らすのです。 私はギターを弾いていたので、薬指が自由に動かせますが、はじめはかなり辛いそうです。 自由に動かせるって何?と思う人がいるかもしれないので、ちょっと簡単なテスト方法。 手をパーにして、薬指と親指以外を内側に曲げます。 このとき、薬指が真っ直ぐ伸びた状態で小指の腹の部分が手の平に付けば大丈夫。 今度は軽くグーを握って、親指と薬指を真っ直ぐ伸ばします。 このとき、小指の腹が手の平部分から離れなければ自由に動かせる人です。 薬指は両隣の指と腱が繋がっているために、動かしにくい指なのです。 ギターやピアノを弾く人は大体自由に動かせます。 親指を伸ばすのは、親指で小指を押さえて「出来た!」とか言う人が良くいるからですw 指が自由に動くようになったら、延々と「あいうえおあいうえおあいうえお」と打ち続けます。 私はこれを検定対策で設けられたワープロの授業五時間中、ずっとやらされていました。 本当に「あいうえお」だけ打ち続けるのです。 これは、各子音と母音である「あいうえお」をくっつけると文字が出来るため。 「k」に「a」をくっつければ「か」というように、一番使う母音を見ずに打てるようにするためです。 「あいうえお」が見ずに打てるようになったら、今度は「あかさたなはまやらわ」を打っていきます。 これが出来るようになったら「あいうえおかきくけこさしすせそ~わをん」までを見ないで入力。 で、ここまで出来るともうブラインドタッチが出来るようになっているという。 ね?簡単でしょう? まぁ、当たり前なんですが、意識してやろうとしないと出来るようにはなりません。 最初はチラチラとキーボードを見ても大丈夫です。 でも最後のほうは全く見ないように心がけるのが大切ですね('-'*) キーボードを見るのは癖のようなものですからね(^-^; 見ないで打てるということが最初の一歩です。 本当に最初のころは「見たほうが速いんですけどw」ぐらいのタイピング速度だと思います。 ただ、慣れてくると身体が覚えてくれますので、結果的に見るよりも速くなるはずです。 「ltu(xtu)」などの「っ」や、「thi」「てぃ」、「dwu」「どぅ」など変則的なものもあります。 ですが、基本が出来ていれば、見ないで打てる文字ばかりだと思います。 ブラインドタッチが出来るようになると、だんだんと早く入力出来るようになります。 一番最初に画像を上げている「e-typing」(http://www.e-typing.ne.jp/index.asp) 登録は無料でタイピングの練習が出来ます。 どの指でどのキーを押すのかというのが、一目で分かるので、練習にもいいかと思います。 スコア形式によるランキングもあるので、速さを極めたい人は頑張ってみてください♪ 絶好調だった頃は、スコアも500台半ばとか出せてたんですが、さっきやったら400半ばでしたw 練習しないとダメになっていくのは、何事も同じのようですね。 速い人は700とか800とか行くようで、全然別の世界のようです(^-^; ブラインドタッチが出来るようになった後で大切なのが「入力ミスを少なくすること」。 速く打とうと焦って、変なキーを押してしまったり、打ち漏らしがあったのでは返って遅くなります。 きちんと正確に打てるというのがタイピングで最も大切なことだと思いますね♪ で、ここまでは「完全文字タイピング」のお話。 さすがにいきなり「超速タイピングでズバババ音を立てながら会話をしよう!」なんて言いませんw というか想像したら怖いわw やっぱり、楽が出来るところは楽をすれば、それだけ早くなりますし負担も減ります。 モンスターハンターの世界でしか使わない言葉なんかは、簡易変換させると楽だったりしますね。 その最たる物が定型文。 クエスト開始時の「(=´ー`)ノ よろしくお願いします♪」 尻尾を切ったりした時の「グッジョブ(o^-')b」 クエスト終了時の「お疲れさまでした~♪(・ω・)ノ▽"」 などの定型文を使っている人が多いんじゃないかと思います。 でも、これだけじゃ味気ないな~って人もいるかもしれません。 いろんな種類の「よろしくおねがいします!」を用意しておきたい! なんて人には、辞書登録がおすすめ♪ たとえば「よろ」で変換すれば「('-'*)ヨロシクオネガイシマス」や「(*・.・)ノ ヨロシク」と変換。 「gj」で変換すれば「グッジョブ(o^-')b」「ナイスファイレ(゜□゜レ)」などに変換など。 登録は辞書ツールバーの、ツール→単語用例登録で簡単にできます。 定型文に収まりきらない!!という人は、ぜひ試してみてください♪ まぁ、上のことをするのにも大切なのがタイピング。 少しでも多くの言葉を話すことができれば、会話の幅が広がります。 言いたいことが言いたいタイミングで言えるっていうのは、結構大切なことです。 一日数分から、練習していくと、会話がもっと楽しくなるかもしれませんね('-'*)
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。