スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私一人 VS 三黒龍~紅龍ミラバルカン攻略編~  

黒龍攻略してたら三記事分はつぶれるかな?なんてニヨニヨしてたら 書きたいことが溜まりまくって焦ってるフェンサーです。 今回は紅龍ミラバルカンのお話。 G級の黒龍を討伐すると現れるのが、G級紅龍ミラバルカン。 見た目は黒龍なのですが、怒り時には全身が赤くなり、肉質全体が硬化するという恐ろしい相手です。 硬化中は、ほとんどの攻撃が通らなくなるため苦戦必死。 25分で撃退できないことも多いと思います。 かつ、恐怖の攻撃であるメテオを行ってくるため、非常に死亡率が高いのも特徴。 どこに振って来るのかを覚えておかないとあっという間に死んでしまいます。 覚えられない場合は素直に武器を収めて回避に専念するのが得策です。 使用武器そのものは黒龍と同じで問題ないと思われます。 最高クラスの龍属性武器があれば、25分撃退可能です。 今回は私流のやり方です。 パターン1 装填数UP、集中、根性、攻撃力UP【小】装備に武器は覇滅弓クーネレラカム 武器や防具の紹介は最後の記事で一括で行います。 爆弾専門職のオトモアイルーを連れて、硬化が始まるまでは頭に連射のみを当てていきます。 怒り時に硬化したら安全な立ち位置からクリティカル距離になる部位を連射のみで狙います。 特に距離が離れてるとき意外は貫通は使用しません。 また、強撃ビンは硬化時には使用せず、爆弾も使用していません。 安全地帯は咆哮の当たらない距離で紅龍の真正面。 離れすぎるとメテオに当たり、近すぎると這いずりで即死の距離です。 ただし、何か事故が起きても根性スキルで何とかなります。 回復薬グレートと回復薬で根性発動体力まで戻せるので、そうそう死ぬことはありません。 これで25分撃退可能、3戦にて討伐できます。 パターン2 砲術王、根性、ガード性能+1、業物防具に武器は大砲モロコシ 何のことは無く、紅龍の攻撃を真正面でガード→砲撃のみの単純な作業です。 オトモアイルーは連れて行かないほうが戦いやすいです。 部位破壊こそ出来ませんが、最も安全で楽にダメージを与えることが出来ると思います。 リロードタイミングに失敗するか、バックジャンプブレス回避が脅威なぐらいでしょうか。 ガードミスさえしなければ、受けるダメージは一切無いと言っていいでしょう。 こちらも25分撃退可能、3戦目にて討伐できますが、動きによっては4戦目に突入することもあります。 パターン3 装填数UP、根性、反動軽減+2防具に武器は幻獣筒【三ツ角】 オトモアイルーがいると楽です。 弓と同じ立ち位置で貫通や通常弾にて攻撃→硬化したら遠距離から拡散弾を調合撃ち。 かなり遠くから撃ちこめるため、弓より安全です。 ただし、硬化時以外の攻撃が曲者です。 V2通常弾なら頭、貫通弾なら脚から尻尾に向かってと狙わなければいけません。 また、拡散弾の撃ちこぼしが無い様に、連続で撃つのではなく1発1発は確実に撃ったほうが無難です。 1発目で怯んで2発目が到達した頃には紅龍がいないなんてことがないようにしましょう。 こちらは25分で撃退可能ですが、4戦目まで持ち込むことがしばしばあります。 さて、紅龍の行動です。 這いずり(のしかかり?)…移動しているだけなのに当たるととんでもないダメージ 方向転換…ハンターのいる方向に最大2回の方向転換。脚と尻尾に当たり判定あり。 猫パンチ…右腕で地面をなぎ払う一撃。その動きはまさに猫パンチ。普通当たらないが当たると痛い メテオ…一歩踏み出すと同時に紅龍の周辺に隕石発生。破壊力は即死級。全7パターン? 滑空…突然飛び上がり低空で突進してくる。飛び始めは判定無し。 急降下…高く飛び上がり、勢い良く滑空を行ってくる。よほどのことが無いと当たらない。 ブレス…巨大な火球を一直線に吐き出す。 バックジャンプブレス…ブレスを地面に叩きつけながら浮遊。 空中からのブレス…単発と三発の2種類ある。どちらも離れていれば届かないことがしばしば。 低空からのブレス…地面に尻尾が付くぐらいまで降りてきて地面に向けてのブレス。 空中からのメテオ…やや後ろ方向に飛び上がり、固定パターンでのメテオ。全5発後急降下を行う。 これぐらいでしょうか。 基本的な動きは黒龍に似ていますが、違う攻撃は赤字にしてあります。 特にメテオは紅龍の特徴とも言える攻撃。 また、大抵の攻撃は怒り時に当たると即死クラスです。 相当防御力に自信があっても、体力は常にマックスをキープしているほうがいいと思います。 ガンナーの場合は、まず間違いなく即死なので根性スキルを付けたほうがいいでしょう。 回復薬グレートと回復薬で根性発動体力まで戻せるので、そうそう死ぬことはありません。 部位破壊可能箇所は黒龍と同じく以下の通り。 胴…胴への蓄積ダメージにて傷が入る。 角…顔を攻撃して1回目の怯みで1本目、2回目の怯みで2本目が折れる 目…角を破壊した後、更に顔を攻撃しての3回目の怯みにて片目がつぶれる。 翼…翼への攻撃で怯み4回にてボロボロになる。 黒龍よりも硬化という概念があるため破壊が難しいです。 立ち回りは基本的に紅龍が攻撃する→反撃を1、2撃入れるという形になると思います。 大剣ならタメ3でバスバス攻撃できますが、近すぎると脚踏みでダメージを受けたりします。 また、ネコパンチのリーチもかなり長く、吹き飛んだところに這いずりなんてこともあるので注意。 ハンマーや双剣は、紅龍の行動後にタメ3スタンプや乱舞を脚に叩き込むだけでいけます。 片手剣は心眼スキルがあれば、属性勝負が出来るため爆弾無しでも意外にいけたりします。 ランスはガンランスと同じく真正面でガードし、腹を突くという行動になるでしょう。 太刀はかなり弾かれますしガードも無いため腹の下は危険。 攻撃もさほど通らず火力としては乏しいため、爆弾勝負になります。 太刀以外の武器もそうですが、25分撃退が難しい場合や火力に自信が無い場合は 素直に大タル爆弾Gを調合分持って行くことをオススメします。 狩猟笛は分かりません! ここでも頼りになるのが爆弾専門のオトモアイルー。 やはり固定ダメージは強く、いるといないとでは差が出ます。 それでも武器によって相性があるので「邪魔だな」と思うようでしたら連れて行かないほうがいいでしょう。 どちらにしても、硬化中はほとんどダメージが通らないので時間がかかること必至。 上にも書きましたが固定ダメージの無い武器や、手数を稼げない武器は爆弾に頼ったほうが良さそうです。
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。