スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるふる☆すぱぁきんぐ♪  

MHP2Gを買ってすぐの頃…ダイミョウザザミの新モーションにリアフレ小雪が死んで数日経った頃。 こいつに負ける要素がねぇwwwと思っていたモンスターに殺された私のお話。 そう、そのモンスターというのがあのメタボリック飛竜であるフルフル しかも赤でもなんでもなく普通のフルフルだから困ったもんです。 フルフルの緩慢な動きは本当に攻撃しやすいと思います。 一撃一撃をムリしなければ、攻撃を当てる→離脱がしっかり出来るのです。 あのバインドボイスこそ邪魔ですが、それ以外に関しては攻撃の基本を学べる良い飛竜であると思います。 逆に言えばフルフルをノーダメージ討伐できなければ、その武器を使いこなせていないとも言えます。 片手剣、双剣なら、相手の攻撃が終ったと同時にズバッ!と切り込み、次の攻撃の前に離脱。 大剣、太刀なら放電中にすら攻撃が届くことに気付くでしょう。 ハンマー、狩猟笛は攻撃チャンスを逃すと何も出来ないということを悟ります。 ランス、ガンスなら放電はきっちりガードし、そこからの反撃はどの武器にも負けません。 遠距離武器なら、相手の攻撃範囲内に立ってはいけないということをヒシヒシと感じるはず。 こんな感じで各武器の特性をしっかり意識して戦うことが出来る相手です。 言ってしまえば熟練ハンターなら倒せて当たり前の飛竜なわけです。 で、ここまで書いて死んでるFENCERさんって何なんですか? って聞かれるとグゥの音も出ないんですが、まぁ聞いてください。 正直私の中でフルフルと言えば下から数えた方が早いぐらいの弱小飛竜。 ガード性能の付いたランス&ガンスで何十頭と討伐したMHFでの実績もあります。 ハンマーでスタンさせたり、大剣のタメ3を放電中に当てるなんて朝飯前なのです。 そんなフルフルに双剣を持っていったんですね。 強走薬グレートなんて野暮なものは使いません。 舞い踊るかのように刃を当て、華麗にフルフルの攻撃を避けるその様子には感嘆すら漏れます。。 リアフレ含む3人の猛攻に、ほとんど攻撃が出来ないG級のフルフル。 しかしこういうときにこそ降りてくるのが笑いの神ならぬネタの神。 その辺をウロウロしていればいいものを、ドスイーオスが飛び掛ってきたのです。 不意の攻撃にゴロゴロと転がるFENCER。 まずい、今フルフルがのしかかりでもしてきたら!!という私の願いをよそに、その首を持ち上げるフルフル。 ピンチ!!私ピンチ!! 何か随分と口元がバチバチいってるぞ!! 私の近くのハンターを狙ったため、若干反れていこそいるものの、完全に攻撃範囲内です。 早く立ち上がってローリングするんだ!! しかしここでP2Gでの新機能炸裂♪ 立ち上がりと同時にローリング出来るようになったため、余裕でヒョイっと避けることg ッバチィッッ!!!!! !!!!!!!!!!????? (* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜ 「で、電撃ブレスが5本出た!!!」 叫ぶ私の声も虚しく、その場に倒れこむFENCER。 予想をはるかに越えて扇状に飛び出した電撃ブレスは見事に私の身体に直撃l シビシビとその場に倒れこむ姿は、今まで華麗に戦っていた私を宇宙の彼方に飛ばすほどのインパクト。 さぁ、じっくり仕留めようか!と言わんばかりに顔をこっちに向けるフルフルは確かに笑っていました。 さぁ、何が来る!?何が来る!?電撃ブレス以外なら何とか耐えられるぐらいの体力が ッバチィッッ!!!!! ですよねぇ(ノ∀`) 無残にも2発目の電撃ブレスが身体を通り抜け、あえなく撃沈。 これが新モーションかーなどと思いつつ「やっぱ油断しちゃなんねーべ」と心に誓った日でもありました。
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。