スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FENCERと大剣の思い出話  

前回、ブロス系とラージャンには大剣を担いでいく!と書いた私です。 でも大剣苦手って書いてるのになんで?みたいに思う人もいるかもしれません。 今日は、そんな私と大剣との思い出話。 PS2で発売された記念すべき第一作目である「モンスターハンター」。 この作品で、一番最初に作った武器が何を隠そう大剣のアイアンソードなのです。 これはきっと、多くのハンターがそうであったはず…だと信じたいw 初期武器は定番のハンターナイフ。 これを担いで、やれ生肉の納品だの、こんがり肉の納品だのやらされていたのです。 何発切ったらええねん!と叫びたくなるほどの反復運動。 切れ味なんて皆無のあの武器で、アプトノス1頭倒すのもヒイヒイ言っていたそんな頃です。 2100zで買うか、鉄鉱石3個で作成出きる大剣のアイアンソードは、いわば喉から手が出るほど欲しい一品。 もちろんハンターナイフの強化なんて、頭の中にはこれっぽっちもありません。 私の頭ではとりあえずあの反復運動をやめたい!というので一杯だったのです。 今では見向きもしないような素材を集め、道具屋に売り飛ばし、必死に溜めた2100z。 それはもうゲームの発売日に店頭に並ぶ子供のような心境で、ワクワクドキドキしながら購入。 今まで小さなナイフしかなかった背中が、ハンターの背丈もあろうかという大剣に埋め尽くされるのです。 感動ですよ感動!! 抜刀時の動きは遅いながらも、あのアプトノスを2,3発で葬れるのです。 「こいつは強い!!」と鼻歌交じりにクエストを進め、肉食竜ランポスを討伐。 動きの遅さになれないながらも、その後のドスランポスまで討伐し 「こりゃ大剣最強なんじゃねーか!?」 という片手剣と大剣しか使ってないのに、謎の自信を得たところに現れたのがアイツ。 そう「怪鳥イャンクック」 黄色ゲージのアイアンソードじゃ余裕の弾かれまくりんぐ。 ここですか!?と言わんばかりのついばみ攻撃に頭骨を粉砕され、あれよあれよとハットトリック。 「なんだ!!全然切れないじゃないか!!」と怒りをあらわにしても、後の祭り。 そりゃ当たり前で、強化というものを全く行っていない私に全責任があるんですが、若い私は 「こんなゲームやってられるか!」とコントローラーを投げ捨て1週間ぐらい放置プレイ。 それでも負けず嫌いという性格がムクムクと頭を持ち上げ、ピッケルを買っては彫り続ける毎日が始まります。 見た目が良いからという理由だけで、アイアンソード改から鉄刀に強化する辺りが若さの現われ。 鉄刀に強化しても全く現れない緑ゲージに涙を流しつつ、マカライトを探しまくり、 「まだ出ない、まだ出ない」と、となりのトトロのメイのようにブツブツ言いながら森丘を巡回。 コロっと出てきたマカライトに一喜一憂し、お前が俺を強くしてくれるんだ!!と叫ぶ日々。 やっとこさ強化できた鉄刀【禊】にも緑ゲージはなく、今までの倍のマカライトを要求されても 諦めずに彫り続ける私は、悟りを開いて宙に浮いていたのではないかと思うほどです。 そして2週間という時を経て完成した鉄刀【神楽】。 こんにちは!緑ゲージ!!クックに何の遠慮もなく刃が通るよ!!って具合に挑むんですが、 防具を作ってないので何の変化も無いという落ちで一月が無駄になりました。 で、そこから「やっぱり攻撃に当たるからダメなんですよね!」という思考に入る私。 今までの一月は、これを悟るための一月だったのだと、クロスボウガン改を作ってからがガンナー一直線。 クックの頭を狙い撃ち、ドスガレの背ビレを撃ち抜いて、ゲリョスのトサカも木っ端微塵。 途中、レウスの攻撃に何度も即死して、また放置したのも懐かしい思い出の一つです。 レウス、レイアの動きに慣れた後は、またサクサクと進み、老山龍まで辿りついたのが昔の私。 そう、すっごく長い前置きなんですが、 大剣途中で諦めてるんですよ!! 無印での武器使用頻度といえば、 片手:10回ぐらい 大剣:100回ぐらい ハンマー:0回 ランス:0回 ライト:数え切れないぐらい ヘビィ:数え切れないぐらい なわけでして、MHP2Gの「ハンマーを一番使ってる!」なんて信じられない光景なわけなんですよ! まぁ「昔はガンナーでした♪」っていうのも信じられない光景なわけなんですがw それでも、前回の記事にあったとおり二番目に使っている武器は紛れもなく大剣。 扱い辛いと嘆いている大剣ですが、心のどこかで「うまく使いたい!!」というのがあるのだと思います。 で、その大剣が「使えてるかも!?」と認識したのがPSPの初期作「モンスターハンターポータブル」。 よくブログに登場する小雪さんやトッシーを私がモンハンに引きずり込んだ作品です。 MHPでも最初はボウガンだったのですが、PTプレイになると味方の位置把握が重要です。 それまでソロ専門だった(Gはオンラインが出来なかったので)私には、ボウガンは辛かったのです。 そこで持ち出した武器が大剣。 特別な自信は無いながらも、MHPでは一番世話になった武器じゃないかと思います。 その中でも特に、黒ディアブロス戦は印象に残っています。 動きの速い黒ディアブロスには、隙があったら一撃を叩き込む!という戦術が良く似合っていたのです。 トッシーの家に集まっては、大剣を振り回して敵をなぎ倒していた日々。 タメという概念がなかった大剣は、私の中でシンプルな狩りの道具でありました。 MH2が始まってからは太刀一直線→途中からハンマーに転職で今まで来ています。 とりわけハンマーに関しては、今まで使ってなかったのが信じられないぐらいの相性の良さ。 隙を見て一撃を入れる武器とは違い、常に相手の攻撃を読んで攻撃する武器であるハンマー。 ここに来るだろう!じゃダメで、ここに来る!!と自信を持って言えることが大切ですね。 ハンマーは間違いなく、現在ある11種の武器で最も得意な武器だと言えます。 じゃぁ何でまだ大剣を使ってるの?って思うかもしれませんが、これには深い理由がありまして、 昔あるハンターに言われた質問が、私と大剣を切っても切れない仲にしています。 その質問が 「古龍以外の全部の敵が順番に出てくるクエストがあったらどの武器にしますか?」というもの 随分と考えて、出てきた答えが「大剣」。 ハンマーで倒せない敵は正直いません。 むしろ大剣と比べれば討伐時間が圧倒的に早いと思います。 それでもガードが無いという最大のネックが、何かしらの事故を引き起こしそうです。 大剣よりも自信のある武器が片手剣。 ただ、リーチの都合上、必ずしも安定した狩りが出来るとは思えません。 こうやって他の武器も消していくと、最後に残るのが大剣なんですね。 大剣だけは、自分が負ける姿が想像できないのです。 最悪のケースを想定しても大剣を担いでクエスト失敗するなんて、今の私には想像できません。 決して得意じゃないけれど、私がどの敵にも負けないと思える武器、大剣。 そんな大剣だから「絶対勝てる!!」と思えない敵に持ち出している気がします。 ブロス系やラージャンに相性が良い!なんて言いながら、心のどこかで 「他の武器じゃヤバイかも」 なんて感じてるのかと思うと、まだまだハンターとして強くなれそうでワクワクしてきます(*´ェ`*)
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

おすすめ★★★★★

最新記事

BlogUp

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。